ライオンズ浅草橋ミレス 岩本町の方は第3期がスタート


今回紹介するのはライオンズ浅草橋ミレスという浅草橋駅から徒歩8分の以前紹介したライオンズ千代田岩本町ミレスと同ブランドの全54戸のコンパクトマンションとなります。まだ、価格などは出ていませんが、ちょうど先日現地の方を見てきたので今回紹介します。

千代田岩本町の方は南向きの1Rタイプは全て完売したようで、現在1Rタイプについては東向きの物件を販売しています。東向きの住戸は2Fが2980万円と条件がよかった南向き住戸とほぼ同じ価格で販売を行っています。

前回記事 : ライオンズ千代田岩本町ミレス モデルルーム見学してきた

ライオンズ浅草橋ミレス 公式ページ

物件概要

所在地 : 東京都台東区鳥越1丁目7番10他(地番)
総戸数 : 54戸
完成年月 : 平成30年11月予定 
入居(引渡)予定日 : 平成30年11月予定  
敷地面積 : 313.12平米
構造・規模 : 鉄筋コンクリート造地上13階
売主 : 株式会社 大京 本店

立地について

駅からの立地としてはJR中央・総武線「浅草橋」駅下車徒歩8分、都営大江戸線「新御徒町」駅下車徒歩7分の立地となってます。また、現地を見に行った時は秋葉原から歩いて行きましたが、秋葉原までも徒歩10分程度の距離となっています。秋葉原からマンションに行く場合清洲橋通りを通って行くことになるため、通り道にあるスーパーのライフで買い物をするとかもできます。

また物件はおかず横丁という延長230メートル、そのほとんどが日用食料品を取り扱う商店街のほぼ中にあり、ほとんどの店は19:00までなので平日は難しいですが、土曜日はそこで買い物も非常に便利です。

また近隣については清洲橋通りのファミリーマートの向かいにパークリュクス秋葉原monoイーストと言う2013年2月に完成した、三井不動産のコンパクトマンションがあります。賃貸に出したり、中古で販売する際にはこことの比較がされると考えたほうがいいでしょう。

プランについて

おそらく主力となる1Rタイプの物件については割とオーソドックスな間取りとなっていますが、特筆するところとしては居室が会うとフレーム化されており、非常に綺麗な形状となっており、柱のせいで家具がうまくおけないといったところはあまりなさそうです。

また屋上にスカイデッキが配置されており、低層階に住んでいたとしても隅田川花火大会などを見ることが可能です。

価格予想について

この近辺では過去相場でいうとパークリュクス秋葉原monoイーストが最安で2012年に1700万円で分譲されていましたが当時から比べると物件価格が大幅に上がっており、現在は中古価格でも2100万円ほどとなっています。

それを踏まえると中古価格に20%ほど上乗せをして最安住戸が2500-2600万円ぐらいの価格水準になるのではないかなと予想します。賃料はパークリュクス秋葉原monoイーストが9.5-10.5くらいの水準のため、賃貸に出した場合の利回りは4.5%ほどとなっており、昨今の新築マンションの価格としては標準的な金額かと思われます。

総評

今回はライオンズ浅草橋ミレスと言うライオンズ千代田岩本町ミレスの後続物件を紹介しました。千代田区ではなく、台東区と言うこともあり、千代田岩本町ミレスより求めやすい金額になるのではないかと予想します。

デメリットとしては岩本町徒歩4分、神田までも徒歩7分だった千代田岩本町ミレスよりも、どの駅からも7分以上とやや遠いというところにありますが、その分が価格に反映されれば、近隣はスーパー、コンビニも多く居住環境はいいので賃貸がつかないということもなく、資産性は維持されると考えられます。

最上段へ