1棟物件と区分マンションの比較


マンション1棟をまるごと購入することと、区分で購入すること、一概にどちらが良いとはいえない。
それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分に合った選択をするのが良いだろう。

 

 

・空室リスク

区分マンションの場合、空室になれば収入はゼロだ。
一方で、10部屋ある1棟物件を所有していた場合、10部屋全て空室になることはまずないと考えてよい。
購入したのは自分が選び抜いた物件のはずだ。
たとえ半分が空室になったとしても、50%は収入が得られる。
区分マンションでも何部屋も所有していれば収入ゼロの事態を避けられる確率は上がるが、別々の部屋を管理していくコストを考えると、1棟だけ面倒見ておけば良いのは大きなメリットだ。

 

 

・共有部の管理

管理面でいえば、区分マンションの場合は管理会社を間に挟むことで、共用部の管理をお任せすることができる。
1棟の場合は、管理も自分で行わなければならない。
修繕、日々の掃除、入居者のクレーム対応なども自分に降ってくる。
逆に、区分マンションの場合は複数のオーナーが共同で管理しているので、共用部の修繕に関する積立金や修繕予定などを自分の都合で決めることはできない。
1棟物件の場合は、共有部も自身の管轄になるので修繕時期の調整なども可能となる。

 

 

・投資額と月々のリターン

1棟物件は数が多いので月々の収入は当然多く、毎月数十万円単位の利益が見込める。
それに対し、区分マンションは毎月1万2万程度の利益しかない世界。
だが、最大のメリットは初期投資が少なくて済むことだ。
都内の中古ワンルームマンションであれば、数百万円程度の少額の自己資金からでも投資を始めることができるので、ハードルはかなり低い。
少額であるということは金利上昇などの影響を受けにくいということだし、災害や近隣の大学の移転など想定外の事態が起こった際にも打撃は小さい。
また、いざ売ろうというときにも、区分マンションは1棟に比べて買い手が見つかりやすい。

 

 

・まとめ

数千万円から数億円の多額の借り入れをして、給与収入を超えたキャッシュフローを狙うなら1棟物件がオススメだ。
少額の資金で、長期的に保険や将来の積み立てを狙うのであれば区分マンションに軍配が上がるといえるだろう。

 

最上段へ