マンション購入後にかかるお金


マンション購入後にかかる費用は、大きく4つある。
運用に向けて、しっかりと準備しておきたい。

●税金

○不動産所得税

不動産取得税は、土地や家屋を取得したときに都道府県に一度だけ納める。
固定資産税評価額(※)に税率をかけて計算されるもので、自治体によって多少異なるが、東京都は平成30年3月31日まで税率3%となっている。
また、土地の取得が平成30年3月31日までに行われた場合、特例措置として土地については「固定資産税評価額×1/2×3%」となる。

※固定資産税評価額とは、不動産の実際の購入価格や建築工事費ではなく、総務大臣が定めた固定資産評価基準によって評価し決定された価格(評価額)で、原則として固定資産課税台帳に登録されている価格。

○固定資産税

固定資産税とは、毎年1月1日時点で固定資産(土地・家屋・償却資産)を所有している場合に課税され、固定資産の所在する市町村に納める。
固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%で計算される。
基本的には3年に1度、価格が見直される。

一方で、最初のうちは還付される税金もある。
家賃収入から物件の取得・維持に掛かるような必要経費(不動産取得税、固定資産税、金利、管理費、減価償却など)を差し引いたものが赤字になれば、所得税が還付される。
初年度は特に経費がかさむので、戻ってくる額も大きい。
ただ、最終的に利益を出せば当然その分の税金は国に収めることになるので、そこは注意したい。

●ローン

多くの人が20年〜35年のローンを組んで購入すると思うが、その間毎月ローン返済は続く。
できれば毎月の返済に加えて、元金の一部を返済する繰り上げ返済も行っていきたいはず。
それにはしっかりと家計管理をしておく必要がある。

●管理費・修繕積立金

○管理費

マンションの共用部分の掃除や管理会社に支払われる費用など、マンション全体の管理に使われる費用。
金額は総戸数やサービス内容の影響を受けるので、マンションによって様々だ。

○修繕積立金

マンションの建物部分の修繕に使われる費用。
長期的な計画のもと、必要な費用を積み立てて修繕に備える。

●部屋のメンテナンス

マンションの共有部分については管理費・修繕費でメンテナンスできるが、各部屋内のメンテナンスは各自で行うことになる。
経年劣化による壁紙等の貼り替えや、水まわりのリフォームなどに対応できるように、まとまった費用を確保しておきたい。

まとめて見てみると、いろいろお金がかかるなあ…と不安になるかもしれないが、なんとなく購入してあとからこんなはずじゃなかった…!とならないようにしたい。
収支のメドを立て具体的にイメージすることで、きちんと納得した上で貴重な資産を運用していきたい。

参考元: http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/index.html

最上段へ